全国でもトップクラスの強豪高校(埼玉栄)が、実際にやっているバドミントン練習メニュー!

全国でもトップクラスの強豪高校である埼玉栄高校のバドミントン部の山田先生が、実際に生徒に指導しているバドミントン練習メニューを詳しく解説してくれる非常にハイレベルな教材がバドミントン上達革命です。



DVDの内容はこちらで確認できます

こういった教材はとても貴重ですよね。
普段、こういった全国トップレベルの高校が日ごろそういう練習をしているから強くなったのか
がわかります。


バドミントン上達革命〜トップ選手になりたい中・高校生へ〜



埼玉栄高校のバドミントン部 山田秀樹先生



全国強豪に名を連ねる埼玉栄高校の男子生徒でも
中学生では伸び悩んだけれど、埼玉栄高校に来て飛躍的に上達した生徒が多いです。


日本代表の選手として活躍したり、そのバックアップメンバーとして
次回、次々回のオリンピックを視野に入れた強化選手のグループに
名を連ねる選手の中にも、栄高校で成長した選手は少なくありません。

また、バドミントンは比較的マイナースポーツなので、学校によっては
経験がある指導者がいない学校もあります。



個人の技術指導を受けたことがなく、
また受けたくても受けられない方がたくさんいらっしゃいます。

これはもったいないことだと感じています。


実は、今回、このプログラムを作り、いままで公開したことのない
栄高校のトレーニングを、あえてライバルにも見られてしまうことを
覚悟のうえで公開したのは、とても単純な理由からだそうです。



現在、指導を受けたくても受けることが出来ない方や、
指導者がいても個人を見てもらえない方が多く、無理な体勢でのプレーによって
ケガをしたり(腕を痛める人)、体を壊す(ダメージが蓄積されて治りにくい)
といった選手がとても多いんです。



また、自己流で練習を続けるのだけど、思ったように効果がでないという人もかなりいます。
自己流の練習は大抵効率が悪くて、変なクセがついてしまいがちなんですね。

身体の仕組みを理解していないことも原因の一つです。
オーバーワークをさせたり、筋肉が大きくなるだけでは意味がないんです。

特に、オーバーワークは100%間違っていますね。

練習というものは単に体をいじめるためのものではないんです。

確かにトレーニングは、負荷をかけて体を強くするためのものですが、
間違ったトレーニングを続ければ、体にダメージが残り、
結果的に現役で活動できる期間を縮めてしまいます。

そして、なによりも、トップ選手に一皮むけるためには、きちんとした
戦術指導や、試合の状況に応じた高度な勘や対応する力を教えることが必要です。

平均的なチームや、指導者がいないクラブではなかなかそうした指導、練習はできません。
 

何とか力になれないか?

そんな思いから、この『バドミントン上達革命』を作って提供することにしたんです。



練習メニューを知りたい方はこちら(公式サイトで詳しく説明)







スポンサーサイト

  • « 
  • TOP
  •  »